旅行・国内を!

あ、そうだ。

強羅行ってきました。

強羅。ゴウラ。ごうら。

「みさらせワシの心意気ぃぃぃ!秘儀・強羅名刹発破覇願衝ぉぉぉ!!!」

と、男塾な雰囲気とは全く異なり、芦ノ湖~大涌谷~強羅ドライブはとても涼やかに進んだ。

そして大涌谷。

有害なガスが発生しており、死に至る危険があります。

さながら海外タバコのパッケージの様なこの看板。

黒卵近辺はまさに警告そのものであり、昇る途中の靴下の匂いがフローラルなせっけんのかほりに思えてしまう激臭。

すたすた昇り続ける皆さんよ、お前の鼻はフシアナかぁーーーーー!!!!!

と後ろ指を刺し下山。

「大涌谷」と大きく書かれた看板の「大」の字に「おばぁ」が立っており、

おばぁ涌谷」になっていた。

有害なおばぁが発生しており、死に至る危険があります。

これはおそろしい。

「あんたぁまだそれっぽっちしか稼いでないのけぇ。なっさけないのう。どれ、おばぁにそのカードを渡してたもれ。おばぁが3日であんたの全財産、10倍にしちゃるわぃ!」

3日後。

「はぁ?カート・カエステ?どなたですかなぁ。ちぃとわしの記憶にはないのう。で、飯はまだかい?」

こんな黒ばばぁが源泉から大量に湧いて来て、あの木製リフトでお土産屋に運ばれてくるのだ!

まさに記念すべき新たな観光名所誕生の一瞬であった!

駐車場に戻る途中、数多くいた海外からの観光客の中でも一際我々の注意を引く一行がいた。

女性二人組で片方はジャパニーズ。

どうやら相方はアメリカのどこぞの州の出身だそうだが、面白いことにその地元では卵が売っておらず、チョコエッグぐらいしかないわ、あはははは!なーんて冗談をかましていた。

が、聞いているジャパニーズの反応がE。

「あ、そうなの!?」

「ほんと!?」

最初、このアメリカーナ、ジャパニーズいけるんかいと思ったがそうでない。

非常に奇妙なやり取りだが、会話が成り立っている。

世にも恐ろしい黒塊を生み出すその場所で、世にも面白いコミュニケーションが生まれていたのだ。

流石は色んなものが涌く谷であった。

感服!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

続々・ショクマンダー西征記 ~大阪~

*くどいようだが、関ヶ原に行ったわけではない。
**トイレ(大)で鼻をかむ行為の弊害についてのイチ考察。鼻が良く通るようになったらなったでつらい。

ねぎ焼きをたらふく食べて、一度友人の寮に帰還。

しばらく午睡をむさぼり、荷物をまとめる。

そして6時頃、本日の第二メインイベントたるバルバッコアへ。

青山にもあるこのブラジル料理の肉食べ放題は、お値段も納得のボリュームがある。

ざすっと案内された席に腰かけ、コインを緑色にする。

しばらくすると、

「肉イリマスカー!チキンデスー!」

若い外国人にーちゃんが肉の束とナイフを持ってやってきた。

「イリマスデス!」

早速肉にがっつく友人と私。

その後も次々と肉が来て、サラダバーなんぞも堪能しつつ。

だが我が居城たる胃袋の、もはや本丸までもが、猛然とせまる敵軍の前に風前の灯火となっていた!

「もう、食えねぇー・・」

横になろうとぐてっとすると、

「馬鹿こくでねぇ!おまんは何のため大阪ばきちょると!?起ぎろ!吐いてきちょれ!そんで食えし食えし!」

目の前の鬼マネージャーはこんなもんでは済まさない気が充実している。

「じゃ、じゃぁお口直しに・・・」

ヨーグルトを取ってくると、

「うんめぇ!」

フルーティなフルーツに、ヨーグルティなヨーグルトが絶妙にブレンドされた一品。

甘すぎず、酸っぱすぎず、これならば!と我が本丸の城兵も奮起し、何とか二の丸を取り戻した矢先、

「すんませーん、肉お願いしまーす!」

敵方の怒涛の援軍が、味方の手引きで押し寄せてきたのであった。

ちゃんちゃーらちゃーちゃんちゃーちゃーちゃーちゃーらーちゃーちゃーちゃー♪

楽しかった今日という日も終わりが近づいてきていますというわけで、バルバッコアを出た私は、友人に見送られるまま深夜バスに乗り込んだ。

今回は少しお高い三列シートの真ん中先頭という場所をゲト!

「そこ、急ブレーキかけたら真っ先に死ぬな!死の特等席や~!」

友人のありがたいお言葉を鼻で笑いつつ、いざバス発進!

席もほぼ満員、途中京都でもお客を拾い、そのまま名神高速に。

「途中休憩に寄りますが、アナウンスは致しません。」

最初にそう案内されていたし、バス内にもトイレがあるのだから、まぁ休憩に行く人なんてんないないだろ。

その思い込みが、サービスエリアでの素晴しい経験を引き起こすことになる。

運行中は全てカーテンが閉められるため、薄い非常灯以外はまったくカプセルホテルにでもいるかのような車内。

「ジャっ!」

お、カーテンが開いた!ってことは休憩か?どーせ誰も起きないだろうに・・・

「すいません。」

真ん中の先頭。つまり、私の右側通路を行く人も、左側通路を行く人も、必ず私の隣、前を通過することになるのだ!

そして以外に多い休憩したがり屋ども(失礼)。

悠々自適に脚を伸ばして寝ていたいけれども、流石にそれは出来ず、起きているのにわざと脚をどかさないという蛮行に及べるわけもなく、すっと脚を縮める。

ようやく全員が出終わったので、さーて寝るかと瞳を閉じようとした時、はっと一つのことに気がついた。

「全員戻ってくるということは、俺様のビューティフルな寝顔を全ての乗客にさらけ出すということか・・・?」

「はいどーぞー!寝顔ゼロ円でーす!ご一緒にヨダレとイビキもいかがっすかー??」

無理だ!自給850円でも無理だそれは!

散々悩んだ挙句、休憩したがり屋どもの一員となることにした。

新宿に無事ついたバス。

「あーだりー。」

おっちゃんのあの一言は忘れない。

~終わり~


| | Comments (0) | TrackBack (0)

続・ショクマンダー西征記 ~大阪~

*「天王山」とは地名ではなく、「ここが山場!」という表現で、あしからず。

友人の寮を出立し、バスに乗り込み大阪駅へ。

未だに「大阪」「梅田」の意味が分からず困惑していると、バーダックをヤッた時のフリーザの様な眼で友人がみていた。

しかし相変わらず「ありがとう」と、「とう」の語尾が上がる大阪の「ありがとう」はイイ。

大阪駅で友人と別れ、「さぁ、どこへゆこ・・びゃっくしょぉいっ!」

たまらなく溢れ出る煮汁をどうにかせんと、近くの本屋のトイレ(もちろん大)へ直行。

こうして事ある毎にトイレに駆け込むという所業を随所に挟みながら、まずは本屋でぶーらぶら。

特にこれといって欲しいものが見つからず、本屋を出た後漫喫でだーらだら。

DMCを全巻読破した!・・と、これでは全く大阪に来ている意味がない、なんて思われた方はいるだろうか?

ファッキン!(笑)

甘い甘い甘い恋人!

家族の土産を選びに向かったにきまってるじゃないですか!

友人が示した土産、それは「神宋」の佃煮。

こいつをひとかけご飯にのせるだけ、只それだけで、普段のご飯が意志を持ったイナゴの如くにお口に向かって突撃してくるというではないか!

これを買わずは男にあらず!

未だ頭にこびりつく「DMC」コールを背後に、イザ大丸へ!

迷いました。

でも買えました。天賦の才、ってやつです。

いえ、何でもありません。

そして友人のお勧めかふぇー、ヒルトンの一階へ。

「たっか!」

正直なファーストインパクトだった。が、食べて飲んで納得。

これで上質を知る人の仲間入りを果たし、いざ本日の第一メインイベント、ねぎ焼きのやまもとへ!

入り口に既に2時だというのに行列が。

「ねぎ焼き?どーせお好み焼きにねぎまぶしただけっしょ?」

行列を待っている間に友人のお口からこんな言葉が。

そして、20分程待って遂に憧れの食とご対面。

何故憧れなのかというと、以前日本に遊びに来た台湾の友人が「横浜で旨いお好み焼きが食べたい」という、「狭い日本」をそのまま理解した要望を寄越したため、ネットでえっさほいさ探した時に発見した、数多くの絶賛する口コミ。

「大阪に行ったら是非食したい!」

その思いが、

今、まさに、

「うっま!これうま!すんません、マヨネーズ下さい!いやうまいわー!うま!豚も牛筋もいける!」

・・・

20分前とはうって変わった態度の友人。

まぁそれは置いといて、非常においしかった!

焼きそばも、これまたピリっとしたカレーの様な風味がまたオツ!

流石、の一言であった。

そして関が原へ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

ショクマンダー西征記 ~大阪~

ざぁと振りぬく雨の中、新幹線こだま569号は新横浜を発進した。

相変わらず小田原まで20分という、バイクの1/6の時間に感嘆していると、少し違和感を感じた。

「気のせいか?」

確たる気配も感じずに、ぎゃぁと騒ぎ始めては末代までの恥。

ここは堂々と、どっしりと構えて座してこそ開ける道というものが、ぁ、は、

「びゃぁっくしょい!」

疑問は確信へと変わった!

清らかな水源の如くにあふれ出る鼻汁。

こんなこともあろうかと、などと微塵も思わずに一欠けらのテッシュも持ち合わせてはいない私は、何度もトイレを往復し、「拭く」という機能は同じでも場所は尻穴のテッシュを大量に抱え込む。

「ちくしょぅ、ちくしょぅ・・・!」

涙を流し鼻をかむ私を、隣のおじさんはそれはそれは物凄い目で見つめていた。

血と汗と涙と鼻汁の前哨戦を終え、無事新大阪駅に降り立つ。

その後友人と合流し、お勧めのちゃんぽんと鼻汁をすする。

「ちくしょう、ちくしょぅ・・・!」

涙を流しちゃんぽんをかきこむ私を、友人はそれはそれは労しい目で見つめていた。

翌日。

「明日は午前中用事があるから、朝お前どうする?え、一緒に出て大阪駅近辺でぶらぶらする?いやぁーおたく起きないでしょ?起きらんないでしょ?へぇ、起きると(笑)じゃぁ8時に出るからな!」

そう言った友人が起床したのが8時半。

花粉との中盤戦が佳境に達していたため、あまり睡眠に集中できなかった私、それでも7時起床。

その友情、プライス・デス。

そして天王山へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジンギスカンを食べて来ました♪

以上。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

飯田サーガ ファイナル。

大自然に囲まれた生活にも終わりの時が近づいていた。

wが先に帰り、次の日もう一泊してから帰る予定だったその夜。

布団を敷き電気を消し、しばらくうとうとした後、どうも寝付けなく、ふと起きてしまった。

しばらくぼぉっとしていればまたいつのまにか眠りにつく、そう考えていたのだが依然として眠れず。

しょうがないと電気をつけ、ゲド戦記3巻を読み出す。

「オーム・エンバーかっけぇ!」

ぶぅぅん、ぶぉっ!

ものすごい羽音がした。

「何だ?!竜かっ!?」

しかし羽音が聞こえるだけでその姿は見えず。

羽音は段々とこちらのほうに。

次第に恐怖が高まる。

「ぶぉぉぉ!」

ぼとっ。

きしきしきし・・・

「う、うわぁぁぁ!」

耳音でこんな音を聞かされたら誰だって、ねぇ。

とゆうわけで、Eを置いて屋外へ脱出!(笑)

しばらく深夜の森を呆然と眺めていたが、ふと気づくと部屋の電気が煌々と照っていた。

そしてEの声。

「お~いなんじゃこりゃぁ!」

どうやら謎の生物はEの元へと移動したらしい。

しかしEはそれを捕まえていた。

「ほれ。」

カミキリムシだった。

しかしでかい。

親指2個分くらいあんじゃねーかというぐらい。

こんなんが羽広げて枕元を飛んでいたと考えると非常に恐ろしい。

小便ちびりそうになった。


そして帰宅。

帰り際の笹子トンネルの恐ろしさは言うに及ばず。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飯田サーガ リターンズ。

到着してからは大自然を満喫だ。

川で洗い、ぼっとんで脱糞し、寝たいときに寝る、食いたいときに食う。

本能のままに生きていた。

あの時がくるまでは。

その日は友人Wが一足先に帰る予定の日だった。

で、一度山の頂上付近にある喫茶店に行こうということになり、行った。

途中の上り坂、先日の大雨洪水の影響を受けてか、砂利や小石が至る所に散らばっていた。

道を細くなってゆく。

しかし、周り全ては夏の気持ちのいい緑に囲まれ、所々道を横切る岩清水を眺めていると、そんなことはどうでもよくなってきた。

店に到着した。

相変わらず眺めはいいし、抜群のロケーションである。

_310

で、飯を食しいざ帰陣。

帰りは一段と砂利が目に付く。

これは・・・!

きをつけなぁぁっぁぁぁ!!

ずざぁぁずざっざぁぁぁ~

こけた。

小便ちびりそうになった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

飯田サーガ ①

人の一生なんてその時々の戦いなんだな。

対象が何かが変わってくるだけで。

おバイクで笹子トンネルを通過してる時に思った事だ。

「それにしても・・」

何ですかこのぼこぼこは?

ミゾは?

歪みは?

この世の汚いものが濃縮されてるんじゃないのこのトンネル?!

というぐらい荒れていた。

事実、

「ほっひょう!」

と恐怖の雄たけびを上げたのは一度や二度ではない。

というわけで、笹子を抜け、双葉を抜け、諏訪に着いたときは天にも昇る気持ちだった。

その時の夜景がこれ。

_273

そして諏訪湖のPAには取っておきの「温泉」があるとのこと♪

こりゃはいるっきゃねぇ!

と勇み向かおうとしたが、我輩を見捨てて(笑)一足早く飯田に着いた友らが、

「風呂はみんなで入ろうぜ」

なんてぬかすから、ぬかすかぁらっ!!

涙をのんで温泉スルー。

しかしこの選択が後に不幸を呼ぶことになる・・・。

さて、ついでにここで飯も頂いちまおう(20時だったので)と思い、カレーライスとラーメンセットを注文。

なんてこたぁない(失礼)食べ物に見えるのに、こーゆーとこだと非常にデリシャス。

腹もパンパンになり、いざ後詰へ!

伊那を抜け、目指す家屋の位置する近隣インター松川で降りる。

降りて早速先遣隊に電話。

「はーいはいはいみんなの大殿が後詰に参上したよー!」

「うっぽう!」

先遣隊を勤めた友人は二人いるがこの声はWだな♪

「で、温泉は?どこで待ち合わせ?」

「あ~・・」

あれ?

温泉面倒だから今日はよくね?」

温泉、それは疲れた体をほぐし、身も心も健やかなものにするためにある。

そして今の俺!

体、疲れてる!

心、疲れてる!!

これほど温泉を欲しているのに何たる言い草!!

鬼畜!!

外道!!

(笑)

「お、おいおいおい!そんなら諏訪湖でどっぷり浸かってきたっちゅうねん!」

「あはははは!ま、明日川にはいりゃいいじゃん!」

それもそうだなと納得し、

「むぅ・・ じゃあどうやっていけばええねん?」

「あ?あぁ、まっすぐ行って右、153号入って~。」

「え?」

とにかくまっすぐ、んで右!153だから~。」

こ、こいつ!

なんたるちょんまげナビ!!

「ちょっとちょっとー!意味わかんないんですけど!!」

「あはは!まぁまっすぐ行って右だから~。」

シンプルすぎる。

まっすぐいって右

こんなナビ聞いた事がない。

「目的地は~まっすぐいって右~」

こんなカーナビがあったら即刻破棄!(笑)

何の目印もないってところがすごい。

そんなやり取りを聞いていたもう一人の先遣隊、Eが電話を取って代わった。

「もしもし?ったくよ~何だよそのナビは!いいか、俺の言うとおり来いよ?」

「おぉ!?」

ったくなんだよやるじゃねーかE!!

Wも隣で笑っているところを聞くと、どうやら一杯盛られていたらしい。

やるなWっ!!

さすがくせものっ(笑)

「なんだよなんだよ~!えらい歓迎じゃね~かぁ!」

こちらもこれから始まるネイチャーワークに心ウキウキしていたもんだからもうなんでもOKだ!!

「で、どうやっていけばいい?」

まっすぐ行って右。」

小便ちびりそうになった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

飯田に行ってきました。

_278_1


_288


_284

せっかく超大作「飯田サーガ」を作っていたのに、まさかの「戻る」で全部消え去っちゃったよ・・

しかも保存なし。

あはははは。

また、作り直します(泣)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊豆の補足。

伊豆に行ってきたときの状況はデジタルな写真でさらりと公開したので御理解頂けたと思う。

しかしいい。

何度行っても新たな発見・楽しみがあるとはまさにこの事で、飽きない。

全く飽きない。

飽きないついでに。

伊豆では今が旬なのか、あま~いみかんがいたるところでできている。

「みかん販売所」

「とれたてみかん」

こんな広告はいたるところで目にしたものだが、ひとつ、我々の理解の範疇を超える一作に出会った。

おかん狩り

俺の目がおかしいのか?はたまた遠近法を使った高度な錯覚の世界なのか?

狩っても楽しくないことここに極まれリ。

同行した友人×2の証言。

「は?」

「あっそう。」

うん。

わからないでもないね、その反応は。

しかし・・・

おまいらそこになおりゃぁがれぃっ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)