食い倒れ

「三度ゐッ血」

昨日の夕飯は、とある近所の駅付近のファーストフード店でとった。

大学の友人から「新宿に来ないか?」との誘いもあったが、勉強のノルマが正月ボケのせいでキツキツなので、涙を呑んで断った。

店に入ると何故か声がない。

通常ならば「いらっしゃいませ~!」と威勢の良い声が聞こえようものだが。

「まぁ店によりけりだろう。」

そう納得して注文しようとする。

すると今まで後ろを向いていた男性従業員が、いきなり振り向いてこう言った。

「パ、パ、パンはどれにしますかっ!?」

こちらはまだどのサンドを頼んでもいないのに、この先見の明。

「えー、じゃぁこの白いやつで・・」

「・・・・」

どうしたどうした軍曹!

先程の勢いはどうした軍曹!?

「この白いパンで・・」

もう一度、そのパンを指し示すと、

「・・ん?あぁ、はい。」

軍ー曹ー!!

失礼なんじゃないのー??

上官たるお客、むしろ神様たるお客様に対してその態度はー??

まぁいい。

上官たるもの、部下の些細な言動には厳しく相対するのが原則であろうが、この際致し方あるまい。

パンを片手につかむと、軍曹の動きが止まった。暫くして、

「・・えーと、ご注文はBLTで・・」

言ってない!!

一っ言も言ってないよ軍曹!!!

「いえ、テリヤキチキンで・・」

「あ、あぁ、そうでしたね!」

お前は人の心の内まで読めるのか軍曹ーー!?!?

軍曹はうやうやしく調理された鶏肉をレンジに突っ込んだ。

「・・ぉゃ・・ぃ・・?」

「え?」

あまりにも小さな声で聞き取れない。

お野菜は!?」

セニョール軍曹ー。。

そのミディアムのお声で充分聞こえるのだよ~。。

しかし、その一言が自分の何か、堰き止めていた何かを決壊させた。

自分は、叫んだ。

全部たたッこんじまえ!!」

サー!!イエッサー!!」

パンを片手に直立不動、敬礼をしてみせる軍曹。

数秒の後、やおら軍曹は作戦の実行に移った。

野菜をもりもりパンの間に挟みながら、出来上がったチキンを上に重ねる。

「ご一緒にチリソースなどもすすってはいかがでありましょうか!?」

「すすらしていただこう!」

「有難き幸せであります!」

「うむ!」

なかなかいいリズムだ。

心の奥底から心地いいビートが刻まれているのをひしひしと感じる。

「ご一緒にポテトでもちゅぱちゅぱしますでありますか?!」

「しないでかっ!!」

「サー!!」

完璧だ。

全てが完璧に調和した世界がそこにはできあがっていた。

そして・・

全ての料理を盆に載せ、軍曹は物事を成し遂げたモノにしか分からぬすがすがしい顔でこう答えた。

「890円になります・・」

声が、震えていた。

「泣くな軍曹。君は君のやれる事をしたのだ。何を悔いることがあろう。もっと胸をはれ。そして500円にまけてくれ。」

が、軍曹は泣きじゃくりながら、

「け、警察を・・」

「ほら、1000円札だ。紛いもなく1000円札だぞ。」

こうして自分は手にした料理を手に席についた。

そして、ポテトをちゅぱちゅぱして、勉強して家路についたのである。


*この話は大部分フィクションです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱ商いってのはこれだね!

久方ぶりに天気も曇りがち、雨もぱらつく季節になって。

ええ、もちろん今日雨にやられましたよ、それもザッパリと。

その理由がいまだにわからないのだけれども、バイクに乗ってて雨にやられると、気づくと叫んでますね。

っしゃーこい!こい!いて!雨いてぇ!いや負けん!でもいてぇ!」

我ながらぶっとんでるなぁと思われり(笑)

しかし今日、夕飯を食いにいった蒲田の「上弦の月」というラーメン屋は素晴らしかった!

実に素晴らしかった!!

何が素晴らしいって、あの濃厚な、それでいて油ギトギトでもない極上のさっぱり鶏がらラーメンはもちろんのこと、働いている女性の店員さんの何と心の清いことか!

「お待たせしてすみません。」

「前を失礼します。申し訳ございません。」

こうした当たり前の礼節をしっかりとわきまえていらっしゃるだけでなく、

「いつもありがとうございます。」

常連さんに対する気配りも完璧、さらに、

「お仕事お疲れ様でした。またどうぞお越しください。」

素晴らしい!

こうした雰囲気であると、おいしいラーメンがよりいっそうおいしく感じられるだけでなく、「またきたい!ぜひきたい!」と思ってしまう。

というのも、自分の名誉のためあえて店名はあげないが、最近自分はとあるラーメン屋で非常に不快な思いをした。

それというのも、客を無視した自分のエゴを満足させるだけの店主で、確かにラーメンはうまい。

しかし、何の節操もなく店員を怒鳴り、客にあたる。

せっかくのラーメンが台無しだ。

以前までは「またやってるよ。」くらいの軽い気持ちで通っていたが、ここのところの横暴実にはなはだしい。

もう行く気をなくし、なかばラーメン屋に絶望(極端だけど)を抱いていた中、まるで砂漠のオアシスのように「上弦の月」に辿り着いた。

「これだ!これこそ商売の完成系だ!」

もう絶賛しかできないってばよ、あのラーメン屋は♪


*今日の自論点
・あ、あれ・・・?パワーが吸い取られてゆくよ・・・?こ、これじゃあ毎日自論点をかくことができないよ!!?

*はい。分けのわからない怠慢記を迎えております。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

お、おいおい、うめーじゃねーか!!

昨夜、久方ぶりに友人と会い、九州話を聞かせてもらい、おみやげまでもらってしまった。

それがかぼすクッキーと「穂ろ酔い」という名の焼酎。

・・・酒、激ヨワだっつの(笑)

まぁこれを機に酒豪へとエボリューションするかもしれないので乞うご期待。

とまぁなんだかんだあり、今日はあいにくこのアラシなので家に居るという次第であるのだが、

先程小腹がすいてインスタントラーメンを食した。

もっとも、スッピンラーメン(それはそれでうまいが)では何だか味気ないと思い、冷蔵庫を開けてみた。

たらららったったった~ん♪

キムチを見つけた!!!

これでゾーマもデスピサロで竜王と化すこと間違いなしだ!!

早速煮え立つ湯の中へ、キムチをわさわさ放り込む。

すると・・・

なんと!

ただのインスタントラーメンが地獄ましまし(知る人は知るラーメン屋のメニュー)に!!

いやぁやってみるもんだなぁ♪

最後のしめにといた卵を流し込み完成。

「ひょっほう!!」

早速口にそそりこむと・・・

「ぶほっ!!」

まーさーに地獄!!

からい!!

しょっぱい!!

だけどしかし!!

ここで会ったが百年目、遂に完食してやりましたよコンチキショウ!!

う~もう食えね。。。


*今日のレシピ
・用意するもの
 インスタントラーメン(お勧めはチャルメラ)
 卵 1個
 キムチ 己の限界まで
・作り方
 まず、煮え湯を作成。
 そこに麺とキムチ(己の限界)をぶち込む(ここでのぶち込みレベルは82ブチコミで)
 完成間際(コナンが新一に戻ると見せかけてまたすぐコナンになるくらいの間隔)にといた卵を流し込む(ここは1,2ブチコミくらいの威力がよい)
 完成。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

7がつ24にち

00Latest


きょうは、ともだちといっしょに、おバイクをあらいました。

ともだちは30ぷんいじょうちこくしてきて、

「わりぃ、電話あったくらいからデ始めてさぁ~♪」

ひっぱたきたく怒りたくなったけど、もう22さいなので、がまんしました。


そのあと、らーめんをたべにいきました。

どんこつでおいしかったです。

そのあと、おんせんにいこうと、ちかくのコンビニでおんせんのほんをみました。

ばしょがきまったので、コンビニからでると・・・

ザー

きょうのくろうがすべてながされました。

世の中の無常を肌身に感じてしまった一日であった。


*今日の自論点
・じ~めじ~めむ~しむ~し
・・・はい。おっしゃるとおりその通り。最近ネタに困り果ててます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

おやおや!

日頃の行いがいいせいか、最近はとみに涼しい。

いやぁ涼しい。

これだけ涼しいともうあれ、カキ氷食べたくなるね!

涼しい時に食すカキ氷なんてのもまたオツなもんで・・・


そんなこんなで昨夜、従兄弟一家に連れて行ってもらった、とんかつ屋「かつ泉」。

すんげーおいしかったぁぁぁ~!!!

肉の噛み始めは衣が「サクッ」とした歯ごたえを演出、続いて参るお肉がこれまたジュウシーで、こう、口の中で広がる肉汁と、さらに先程の衣がダブル・ドライブ・シュートに「お口舞踏会」を演じてくれる。

おいしゅうございました^^(落ちなし)


*今日の自論点
1992b-1
・紅の豚
今まであまり面白くないというう勝手な先入観を持っていたのだけれど、最近ものすごっみたくなりました♪

| | Comments (5) | TrackBack (1)

ふとした瞬間に・・

itigoshort50
食べたくなります。

めっさ甘党なんで。

一押しは市販の抹茶ムースに生クリームをもふぁさっと・・・

あぁっ!たまらん!!たまらんで!!!

そんなことを考えながら昨日夜、歩いていると、とある一軒の家の前で、ふと、ただならぬ気配を感じた。

こうみえて霊感はあったほう(だと思い込んでいる妄想癖)なので、足をとめて、ゆっくりその家の方に顔を向けてみる。

でた。

久しぶりに出やがった。

注目すべきはこの家の表札である。

KYAMADA

ほげぁーーーー!!!

何て!何てアグレッシブなお名前!!

さすがの俺でもDVに走りそうな名字!!!

漢字で書くとどうなるんだ?

やはり読み同様、

脚馬田

もしくはここぞとばかりにノーマルに、

木山田

いずれにしろあだ名をつけられるおそれはないだろう。

いやぁ久しぶりにマイ・グレート・シックスセンスが炸裂した夜であった。


*今日の戦国武将(期間限定なげやり自論点)
souunn
・北条早雲
言わずと知れた戦国時代の幕をきった人であり、北条家の礎を築いた人。研究が進む前は単なる素浪人と目されていたが、後に伊勢氏の家系をくむ人物という見解が有力になる。司馬遼太郎「箱根の坂」にもそれを前提にした「伊勢の弓術」を披露するシーンが登場。自分が一番早雲の人となりを感じるのは、「待つ」ということを「行う」ということと同様に重要視したところ。今川家の内紛しかり、関東管領とのいざこざしかり。いつの時代も、その時代を担うリーダーに必要な要素であると思われる(渋い・・)。

| | Comments (10) | TrackBack (0)

こんな晴れた日には・・・

引きこもるが一番だ(嘘)

実は今日、ムショウにスパゲティが食べたくなっている。

例のいたり屋に行こうか、それとも隣国センター北駅にある多少高めのスパゲティ屋にいくか。

そこはセンター北のモザイクモールの最上階にあるお店で雰囲気は最高だ。

窓側の席からは観覧車も見えるし、晴れた冬の日には富士山(らしきもの)までみえる。

ただ、ピンでいく場所じゃあないんだよなぁ~。。

と、考えていると、今日はいとこやばあちゃん達が来る日だということを思い出した。

♪さらば~スパよ~ 儚い~計画~ぅ~

宇宙~戦艦~ た~タタ~タタ~

す~ぱ~お~♪


*今日の自論点
日本国憲法9条の解釈
今、色々と世を騒がす憲法論題だが、上記記事をみて「これまた大層な解釈をなさいまして」と思ったのは俺だけか。そもそも政府見解は9条に関して、端的に言えば限りなく「自衛権」の概念を拡張して解釈している。もっとも、今回のような実質的同盟国に対するミサイル攻撃を迎撃しないとなると、さらに国際的な批判は受けるだろうなという気がする。(それが国際上の「慣習」であるなら分からないが。)最近「レパントの海戦」を読んで「国家間の協力の難解さ」をひしひしと感じたが、技術的、文明的にいかに進化したとしても、この種の「難解さ」はいつの時代も同じではないかと強く感じた。もっとも、難解だ、というだけなら何の解決にもならない。1571年のコンスタンティノープル駐在大使であったマーカントニオ・バルバロは、後に本国ヴェネツィアの元老院でこう忠告している。「国家の安定と永続は、軍事力によるものばかりではない。他国が我々をどう思っているかの評価と、他国に対する毅然とした態度によることが多いものである。」

**追加
誤って日本にミサイル落ちたらどうなるんだろうか。米軍基地が狙われたら有り得ない話ではない気がするが・・・。


| | Comments (6) | TrackBack (0)

そうだ!広島へ!いけない・・・

先程木村カエラさんのブログを拝見。

あ~ お好み焼き食べて~

ところで、もんじゃ焼きの正しい作り方をご存知か!?

ひと昔前に我が家でお好み焼き兼もんじゃ焼き屋を襲撃した時のこと。

お好み焼きは、まぁ、普通に食べれた。

しかし、もんじゃ焼きは一波乱起きてしまった(と自分は思っている)


もんじゃを担当したのはmy親父。

「こうやるんだ!」

と土手を作り、

「そりゃ!」

と土手の中に汁を流し込む。

しかし、みるみる土手から汁が染み出てくるではないか!

親父は、

「ボーっとするな!ここからが勝負だ!」

と、へらで必死に汁を土手に押し返す。

自分と母親と弟もそれに続く。

・・・このね~。

家族4人で「カシュカシュ」ヘラを動かしている様はですね~、また何とも言えずお恥ずいんですよね~。

それ以来自分の中でもんじゃ焼きは「カシュカシュ」しなければならないもんだとゆーイメージが確立しました。


そして、汁が程よく土手と絡まった段階で、実食!!

・・・おいしかったですよ。ええ。

でもこの恥ずかしさに耐えねば食せないもんなんでしょうかね~~。。

・・・もちろん家族には言ってません(笑)


*今日の自論点
・倒産法
民事再生法、会社更生法、破産法などの総称。今大學の授業で習っているのですが、かなり熱いです。先生もバリバリの弁護士さんで、授業をなさっているときの目は少年のようです!そんな中、なぜこのコーナーに載せようと思ったか。もちろんネタに困っているわけじゃありません。えーありませんとも!それは「債権者平等の原則」に貫かれ、きれいに民法や商法の例外たらしめているところが自分の中で印象的だったからであります。ぜひ一度ご賞味あれ。あ!来年4月でしたか、民法が改正されオール口語になるそうです。ちなみに来年に破産法も大改正するそうです(自分が習ったのは新法のほう)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

はっち☆

というラーメン屋をご存知か。

元住吉と日吉の間にある小さなラーメン屋だ。

もちろん泣きじゃくるグジャグジャのでかいインセクトはでてこない(失礼)。

そこが結構、いやかなりおいしい。


ただ、張り紙が強烈。


「オープン 11:00ころ~2:00ころ、5:00ころ~2:00ころ。店長の気分で閉めます。(正確な記載の記憶不正確)。」

「団体でのご来客お断り

一度、友達が一人で行った時は、

「今日は都合によりつけ麺のみです。」


・・・これは商売なのだろうか。

しかしいつも客の絶えないところをみると、みんなそれでもいいらしい。

いやむしろ、これがうけてんのかも!!??


一度その友達に横浜方面にある有名な博多(とんこつ?)らーめん屋につれていってもらったが、入り口に入った途端、


「な、なんだよこれ!?むれた靴下のにおいじゃん!お、おま、俺に靴下食えってか!!??」


と、思ってしまうほど強烈な臭い。

そして、いざ入るとランニング姿の汗だくの親父(店長)が、スープをだるだるかき混ぜながら「らっしゃい。」


「こ、ここのだしは豚骨でなく人骨では!?」


と思うくらい滴り落ちる親父の汗。

そこでしょうがなく、卵つきチャーシュー麺をたのむ。


しばらくするとこれまた汗だくのTシャツ姿のにーちゃんが「おまち。」

スープを一口すすると、

「た、確かにまろやかだが・・・ 汗・・・ 」


その店に二度と足を踏み入れてない事はいうまでもない。


*今日の自論点
・民法で、先取特権の物上代位と抵当権の物上代位、判例の考え方をベースにすると、「差押」に債権譲渡は含まれるのでしょうか。判例は公示のあるなしにより債権者を害する危険のあるなしをみて判断するそうですが、どうですかね~。。

| | Comments (3) | TrackBack (0)