« アーバターァー。 | Main | 不毛地帯。 »

夢と希望と。

巷では、

「愛を貫いて」

「夢を捨てずに」

「満ち溢れた希望」

こんな歌詞やキャッチフレーズが横行している。

ストレートな表現が素敵だと言えばその通りだが、最近、

①単純すぎやしないか?

②人生そんな夢や愛や希望だけじゃなかろうに!

この2点をよくよく考えてしまう。

過去を美化し現在を卑下しているわけではないが、少なくとも百人一首の中の恋文(偶然テレビでみた)などは、ただ「愛している」でなく、森羅万象様々な表現を使い、自分だけの表現で「愛」を伝えていると感じる。

高度経済成長を過ぎ、下降線経済衰退期を青春時代とする我々が、こう単純に「愛だ!希望だ!夢だ!」と叫ぶフレーズを好き好むということは、宗教心ではなく、単に「唱えれば天国に行ける!」と信じて必死で題目を唱えていたあの時代と、同じなのではないか。

でも、本当にやらなければいけないのはそれを唱えることなのか。

「夢も希望もない世の中だ」と思いつつカラオケでグリーンの「希望」を歌うことなのだろうか。

最近仕事をしながら、ついつい「俺の今やっていることは一体この国、ひいては世界にとって何になっているんだろうか」と考えてしまうことから、ついついうがった考え方をして申し訳ありませぬ。

大した能力もないくせに、国だ世界だと言うのはおこがましいけれども、やっぱりそういう意識は必要なんじゃないかな。自分に限界を作らないためにも。

でも、何だろうな、何すりゃ自己満で終わらないのか未だにわかりませんよボクチンには。。。


|

« アーバターァー。 | Main | 不毛地帯。 »

考えてみました。」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63436/47397812

Listed below are links to weblogs that reference 夢と希望と。:

« アーバターァー。 | Main | 不毛地帯。 »