« 青春の味。 | Main | ジンギスカンを食べて来ました♪ »

タダ友S・Dとの交錯

そいつはいつも暗がりを好む、というと変な表現かもしれないけれど、本人曰く、

「もう慣れたからしょうがない。」

らしい。黒が大好きだと公言しているだけあって、常に黒を基調とした格好をする。

「お前は本当に服のセンスがないようだな。」

ほっとけ、といいながらも内心では同意し焦っている・・・が、そんなことは口が裂けても言えない。言いたくない。

「早いなぁ、もう知り合って六年か。」

「そうだな。早いもんだ。」

S・Dは冷たく凍えた手を揉み、自慢の黒いコートのポケットに突き刺した。

「それで、最近はどうなんだ?」

「どう、って?」

「どうとは「どう」だろ。」

「どう・・・っていってもなぁ。」

しばらく頬を右手で擦りながら考えていると、

「お前、痩せた?」

「らしい。分からん。」

しかし本当に寒い。温かい缶コーヒーでも買うか、と注文を聞くと、

「俺さぁ、病気かもしんねぇ。」

え、と言って振り向いた。暗い公園には街灯が一本しかなく、寂しい明かりが公園を取り囲むように、ぱらぱらと生えている樹木を薄く包んでいた。

ベンチから腰を浮かせたまま、S・Dの顔を見ようとした。S・Dは両手を黒いコートに入れたまま、正面の水道をじっと見つめている。こちらを見ようともしない。

「どこの?」

「消化器系。あ、俺無糖で。」

消化器系が悪い奴がコーヒーを飲んでもいいのかと言いかけたが、やめた。

買って戻ると、

「いやぁ、どう思う?」

「だから何が?」

カシッ、と缶を開けたS・Dに続けて缶を開けて聞き返す。

「容疑者Xの献身。」

「実におもしろい。」

「なぁ。」

コーヒーを一滴も残さず飲み干したS・Dは、しばらく缶をじっと見つめた。

「きちんと消化してくださーい。寒いとつらいでーす。」

ぽんぽんと腹を叩いて、缶を鉄網のくず入れに投げた。

カッ!缶はくず入れ側面へりにあたり、落ちた。

「あ~ぁ。」

へらへら笑いながら拾いに行くS・Dの尻目掛けて缶を投げた。

「あ!てめ、コートが!」

「一滴残らず飲み干しましたであります!」

くそう、と二つの缶を拾いながら、

「最後の慟哭はさ、「美しい」「愛」に気付いたためか、「美しい」「愛」が完遂できなかったためか、どっちだと思う?」

「後者。「愛」を知った当初はそのものの「美しさ」に惹かれたものの、犯行を組み立てた段階で「美し」くあるための「愛」へと変わったから。で、なければ「天才」とは呼べない。」

「なるほど。」

缶を捨てながら、

「ほいじゃぁな、そろそろ戻りますわ。」

「はいよ。おつかれさん。」

そのまま公園の外に歩いていった。

公園の横には一台の黒いバイクが止まっていた。


|

« 青春の味。 | Main | ジンギスカンを食べて来ました♪ »

おらぁこの映画好きだよ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63436/43117172

Listed below are links to weblogs that reference タダ友S・Dとの交錯:

« 青春の味。 | Main | ジンギスカンを食べて来ました♪ »